ノートルダム大聖堂(フランス)

1163年着工、1225年完成。 ゴシック建築を代表する建物であり、「パリのセーヌ河岸」という名称で、周辺の文化遺産とともに1991年にユネスコの世界遺産に登録された。ノートルダムは、イエスの母マリアを指す「我らが貴婦人」という意味。 

スクリーンショット 2020-11-23 16.54.51.png
スクリーンショット 2020-11-23 16.55.18.png

世界の教会